和雑貨・布小物・着物リメイク専門店|ねこやすみ

着物と思いで・・・


ねこやすみでは、袋物や布小物などの和雑貨を通販で取り扱っている他、お手持ちのお着物のお仕立ても承っております。



最近では、着物をリメイクして洋服や小物などに変身させることが流行っています。

親や祖母から譲り受けた着物や昔や着ていた着物には、大切な思い出がいっぱい詰まっており、着る機会はなくなったけれどずっと手元に残しておきたいということで、着物をリメイクして活用しているケースが多々あります。


そんな着物をリメイクする人々のエピソードを少しご紹介したいと思います。





【70代女性】

老後をゆっくり二人で過ごそうと思っていた矢先に、急にご主人を亡くされ、お子様もなく、若い頃(当時生活に苦しかったとの事)ご主人がやりくりして買ってくれた着物のリメイクで、ご自分用のベストやジャケット、ご主人の姪御さんへの巾着など型見分けの依頼がありました。


とても活動的な方で人生を楽しんでおられますが、出来上がったものを見ると、やはりなくなったご主人を思い出されるのでしょうね。いとおしそうに着物地を触られ、涙ぐまれました。




【40代女性】

幼い頃ご自分をかわいがってくれたおばあ様の留袖からのリメイクで、ワンピースを制作いたしました。おばあ様という方は、実は血のつながりのある方ではなく、おじい様の後妻に入られた方でした。

とても愛情深いおばあ様だったらしく、ご依頼主様のお母様など、お嫁に来た時にすでにいた子供たちには遠慮してしまい、有り余る愛情を依頼主の方に注いで下さったそうです(御依頼主様はお孫さんにあたるのですね)。


東北出身の御依頼主様・・・。

とても優秀な方で、東京の一流大学に入学される際にも、後押しをして下さったようです。幼かった頃のエピソードなど、涙ながらにお話し下さいました。




【40代女性】

お姑様から頂いた着物からのリメイクとしてワンピースを制作いたしました。とても仲の良いお嫁さんとお姑様だそうで、お姑様がお嫁にいらした時に、ご自身のお母様から持たされた着物でした。

お姑様がご自分の亡きお母様と対話をなさいながら、着物を解かれました。ご自分に託されたお母様の愛情でもある息子のお嫁さんに託すなんてステキなお話です。

| ホーム |

カートの中身

商品検索

Copyright c 2005 和雑貨・布小物・着物リメイク専門店|ねこやすみ. all rights reserved.